2006年03月28日

Mr.マリックさんVSピエールさん

先日あった番組で、Mrマリックさんのいつもの100万円にチャレンジと、
ピエールさんとのマジック勝負がありました。

マリックさんの新作はよくこれだけのマジックをいっぺんにやれるなぁ
といつも、尊敬してしまいます。
カードしかやっていないので、そう思うだけかもしれませんが……。

マジック勝負ですが、わたしならピエールさんの勝ちだと思います。
カード裁き:ピエールさん
アイディア:マリックさん
プレゼンテーション:ピエールさん

という感じです。

一回戦のカードマジック対決は、
実は片手でやるほうが簡単になることがあります。
ピエールさんのAを取り出す手順は仕掛をしっていても、
一日二日でできるようにはなりませんが、
マリックさんの片手の手順は、演じているマリックさんを見ながら、
片手でデックをもってテレビ放送と同時にできました。

そのあとのマジックも、発想はとてもおもしろいですが、
私にはやる勇気はないですね〜。さすがマリックさんという感じです。
ピエールさんのポーカーデモンストレーションは
オールデックのコントロールで、楽しいものでした。

しかし、全体として、笑いの要素を持ったピエールさんのほうが、
マジックとしては楽しかったかと思います。

posted by Hosh!kawa at 15:15 | Comment(11) | TrackBack(1) | 演技
2006年03月23日

みんなで考えよう!その2

今回は刹那さんからのリクエストです。

客にカードを渡してシャッフル、そしてカットしてもらいます。
おまじないをかけると、それが完全に綺麗に揃ってしまいます。

とりあえずポイントとなりそうなのは

●シャッフルまたはカットすると、揃うマジック
●アウトオブディスワールド
●客にカットしてもらっても大丈夫なマジック

でしょうか?

ギミックを使った方がクリアにできるかもしれませんね。
posted by Hosh!kawa at 18:09 | Comment(8) | TrackBack(0) | 製作
2006年03月19日

ショックを受けました

私のいつもの行きつけ(ネットでw)フレンチドロップから
ガイ・ホリングワース氏のレクチャーノートが出たようですね。
その名も「カルテット」
すごくほしかったんですが、一日で売り切れ。
気づくのがもう少し早ければ……

ということでとてつもなくショックを受けました。

次でたら絶対に手に入れます。
もし、どこかで見かけたら情報お願いいたしますw
posted by Hosh!kawa at 02:00 | Comment(12) | TrackBack(0) | 日記
2006年03月18日

Google検索

最近小ネタに走ってしまっていますが……。

Googleで「カードマジック」と検索すると出てくるのは…。

1. びっくりマジック!
  簡単なマジックのネタばらしページです。
2. Amazon.co.jp:カードマジック事典: 本
  さすが、カードマジック事典、2位にキてます。
3. カードマジックの基本技法
  これは有名なページだと思うのですが、マジェイアさんの魔法都市案内です。
4. 『カードマジック』
  どうやら数理トリック系のネタばらしのようです。数学に近いかもしれません。
5. トランプマジックイリュージョン@KeitoOkaプロモーション@カード ...
  マジシャン、ケイトオカさんのHPです。
6. 【画像で解説】カードマジック・テクニック集
  結構ネタばらし系のカードマジックブログです。同じseesaaなので共感できますw
7. カード奇術を楽しもう!
  基本からわかりやすく教えてくれるネタばらしサイトです。
8. 簡単マジック&手品! 【トランプマジック・コインマジック】
  楽天アフィリエイトブログです。
9. 【楽天市場】カードマジック事典:楽天ブックス
  カードマジック事典その2です。強いですね〜。
10. マジック ショップ M - マジック ( 手品 ) 用品の通販ショップ
  ここで、やっと正規のマジックショップです。

ちなみに、私のサイトは77位になります。
もっと頑張らねば。。。
posted by Hosh!kawa at 14:33 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記
2006年03月16日

マジシャン度鑑定

マジシャン度鑑定を見つけたのでやってみました。

その1

得点:58点
あなたはもう
引き返せないところまで来ています
既にマジックの奥深さ、そしてその面白さ
あなたには見えてしまっているはずです。
もう疑うのはやめましょう。
信じて進むのです。
マジシャンとしてのあなたの活躍、
楽しみにしています。

ということらしいです。(笑)
姉さん、大変です。俺はもう引き返せないそうです。

その2

マジシャン(中程度)

あなたは確実にマジシャンへの道を
歩みつつあります。
引き返すなら今のうち。
しかし、そんなあなたにこの言葉を……
……毒を食らわば皿まで(^-^)

引き返せるみたいです(笑)

どうやら、カードマジックに特化しすぎている気がしてきました。
posted by Hosh!kawa at 21:32 | Comment(10) | TrackBack(0) | 日記
2006年03月14日

みんなで考えてみよう!

マジシャンがデックを取り出します。
そして、客にそれを渡します。

客がマジシャン役を演じ、
もう一人の客に一枚引いてもらいます。
戻してもらって、シャッフルしてもらいます。

マジシャン役の客がこれだろうというカードを選びます。
それがまさしくもう一人の客が選んだカードになっています!

こんな現象が起こせたらいいですよね?

初回のお題はとりあえず2つ。

●マジシャンが実際にカードを触れずにカード当てを行う。
●当てる作業すらもマジシャンが触れずに行う。

まず、前者の方法をいろいろと考えつつ、
後者の検討を行っていこうと思います……

みなさまいかがでしょう?
posted by Hosh!kawa at 22:08 | Comment(18) | TrackBack(0) | 製作

ちょこっとだけ

最近少しだけしかマジックをしてないです。

oil&waterの変化形をやってみたのですが、
おそらく観客視点での見せ方がまだまだらしく、
そこまで驚いてもらえませんでした……。

あと、は次のようなテークワンをやっただけですね。

一枚選んでもらって、デックに戻します。
「うまくシャッフルをすると、一番上に来るのです」
と言ってトップカードを見てもらいます。
しかし、失敗していて、うーん。
とりあえず、それは置いといて、
もう一度シャッフル。
さらにもう一度選んでもらいますが、
「次にあなたが取ったカードがさっきのカードです」
といいます。
そして、選ばれたカードは……さっき失敗したカードです!
ということは、置いておいたカードが……。

まあ、オーソドックスな感じですかね?
posted by Hosh!kawa at 01:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
2006年03月06日

Bicycle Jumbo Index

本日、アメリカ帰りの先輩からバイスクルのJumbo indexをお土産にいただきましたw

実はジャンボインデックスを見るのが初めてだったので、ちょっと感動です。
大分文字が大きいですね。
大きすぎて、ファンをしても文字が見えないです(汗)これでいいのでしょうか?
(まあ、ポーカーをするだけなら、何の支障もないですが……)

SA270126.png

そして、アメリカのカードはエキストラカードが独特でした。
なんと、数独が書いてあるカードでした。
ちゃんとSUDOKUとローマ字で書いてあります。

内容は
"New from the Maker of
Bicycle...SUDOKU is
the game phenomenom
sweeping the country!
A crossword puzzle
using numbers, SUDOKU
is fun and addictive
Look for Bicycle SUDOKU
at your local retail stores.
Each deck contains 50
puzzles and solutions
printed on pencil
friendly cards."
となっています。
なにやら向こうで今流行っているらしいです。
とりあえず解きましたよ(笑)
posted by Hosh!kawa at 23:31 | Comment(6) | TrackBack(0) | 道具
2006年03月05日

oil & water in a flask

さっそく新しいデックで何かできないかと考えていて思いついたマジックです。
いかがでしょう?

オイルアンドウォーターの進化版ですかね?
私の思いつきなので皆さんの感想を待っています。
ひょっとしたらどこかで見たことのあるマジックなのかもしれません。

oil & water in a flask

混ざっているのが横からでも分かるので、フラスコに入った油と水としてみました。
まあ、マジックでは振ったほうが水と油に分離してしまうんですが……w


posted by Hosh!kawa at 18:30 | Comment(16) | TrackBack(0) | マジック実演
2006年03月04日

マリックさん&でんじろう教授

昨日の誰ピカでマジックをやってらっしゃいましたね〜

マリックさんのトリックがとても巧妙にできているものがありましたね〜。

というか、私はマジックより、でんじろうさんの静電気で吸い付く棒で遊びたいです(笑)

さて、マリックさんのあのすばらしい超魔術はいったいどこから出てくるんでしょうか?
その一つがでんじろうさんが言うような科学であるとおもいます。

ですが、もう一つは普通の日常的な、普段なら気に求めない些細なことを利用していることも多いと思います。

そして、最後にそれを一つのマジックに作り上げる発想力です。
これこそが、マリックさんがすばらしいマジシャンであり続けるミソのような気がします。

マジシャンが不思議を起こして、科学者がそれを解明する。
科学者が不可能だといったことを、マジシャンが実現してしまう。

いやぁ〜、やっぱりマジックっていいもんですね!
posted by Hosh!kawa at 21:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
2006年03月03日

3枚のカードダス

益田さんの作品3枚のカードダスを買いました。

予想外の仕掛けにびっくりしています。
なにやら緻密に考えられているこのギミックをみて、
発想力のすごさに圧倒されます。

3枚のカードダスの演技は次のようなものです。

カード当てをするのですが、マジシャンも含めて、3人で好きなカードを取り出します。
これにシールを貼ってそこにサインします。
もちろんマジシャンをまねて客も同様にします。
これで、3枚のサインカードができました。
これをデックに戻します。
そして、デックを表向きにカードケースに入れて、そのまま取り出すと、
一番上にあったカードがマジシャンの選んだカードに変化します。
表向きなのでとてもビジュアルに変化します。
取り出して、そのカードを確かめます。
さらに、もう一度ケースに入れて取り出すと一人目の客のカードになります。
続いてもう一度やって最後の客のカード。

文章で説明するより、実演を見たほうが分かりやすいかと思います。
posted by Hosh!kawa at 13:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | ギミック
2006年03月02日

簡単カードマジックその25

今回で25回目ですが、そろそろ簡単とはいいきれないマジックになってしまうかもしれませんが、ご容赦ください。

このマジックはトリック自体は簡単なのですが、
演じ方によっては何の不思議も無くなったり、
本当に魔法のように感じたりするものになります。
どうしたらいいか、だけではなく、演じている人の人柄や、
演じている相手との間柄も重要になってくるマジックです。

▼演技
マジシャンが始めにカードを数枚取り出します。
裏向きのままカードを観客の見えるところに置いておきます。
そして、空中に4枚のカードを持っているかのような演技をしながら、
「ここに4枚の見えないカードがあります。
カードには4つのマーク(スート)がありますが、
とりあえず、赤と黒に分けられます。どちらかを取ってください」
右と左に赤と黒を分けたような仕草をします。
とある客に選んでもらいます。今回は赤だったとしましょう。
「では、お隣の人に、その二枚のどちらかを選んでもらってください」
観客に隣の人に見えないカードを差し出してもらい、
隣の人が選びます。(ハートを選んだとしましょう)
初めの客からカードを返してもらうジェスチャーをしながら、
「では、選んでもらったハートのカードだけを表向きにして、ここに混ぜて下さい」
そして、その見えない4枚のカードを初めに置いたパケットに重ねます。
「実はさっき見えないカードでやってもらったことが既にここに実現しているのです」
といって実際のカードを広げると、ハートのカードのAだけが表向いています。

▼やり方
はじめに言ったようにやり方は条件次第で変わってきます。
とりあえず大まかな流れを覚えてください。
まず、4枚のカードのうちハートのAだけを表向けておきます。
これをどこかから持ち出して、見えるところに置きます。
つまり、初めからハートと決まっていて、それをマジシャンズチョイスによって
巧みに客に選ばせるのです。
言ってしまえばこれだけですが、もう少し詳しく行きましょう。
一人目の客「赤」
   →黒のカードは手元に、隣の人にハートかダイヤを取ってもらう。
   二人目の客「ハート」
      →一人目の客からカードを返してもらい、ハートだけ表向きに…
   二人目の客「ダイヤ」
      →二人目の客からカードを返してもらい、ハートだけ表向きに…
一人目の客「黒」
   →手元にある赤のカードを二人目の客にハートかダイヤを取ってもらう。
   二人目の客「ダイヤ」
      →両方の客からカードを返してもらうときに、残ったハートを表向きに…
   二人目の客「ハート」
      →残ったダイヤを一人目の客に渡し、
       二人目の客の持ったハートを表向きにしてもらって混ぜてもらう。
このようにすると、ハートのみが表向きになります。
あとは前に置いたパケットをスプレッドして見せるだけです。

分かっていただけたかと思いますが、演出の仕方は何通りもあり、
さらに、人柄や関係によって有効/無効が決まってきます。
一般の観客の前でやるときは、できるだけ疑い深く無い人を選んでやるほうがいいでしょう。
posted by Hosh!kawa at 05:39 | Comment(9) | TrackBack(0) | 簡単カードマジック


タグクラウド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。