2007年04月11日

パケットマジックの見破り方

一組のデックではなく、数枚のカードだけを使ったマジックをパケットマジックといいます。
枚数が少ないだけに、効果が分かりやすいという利点がありますが、
その分ばれやすくなることが多々あります。

ということでパケットマジックの見破り方について話したいと思います。

基本的にポイントは2点あります。
まず、マジシャンが言う数は信じないでください。
そして、普通のカードではないと考えてください。

私はいつもパケットマジックを見る時は、何種類の面が同時に存在するか数えます。
マジックではよくあることですが、
何も無いところから突如カードが加わるはずがありません。

ですので、演技を通して、本当は何枚のカードが使われているか考えましょう。
それが分かれば、次はどんなカードが使われているか考えます。

中には、これだけでは判断し得ないパケットマジックがありますが、
普通ではない発想を使っている可能性があります。
そういうマジックは秀逸と言えるでしょう。
posted by Hosh!kawa at 23:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | 演技
この記事へのコメント

僕は、同一カードが何回出てきても、わかりません。もし仮にお会いする機会があれば
パケットトリックをたくさん見せてください。
良いお客ですよ(笑)。

Posted by お茶屋さん at 2007年04月15日 12:34
一度に何枚見えるかで、大体予想をつけて、
ほかのカードとあとでつじつま合わせる感じになりますね。

パケットマジックですが、
実は見破りも、練習もよくやりますが、
実際にはやらないです。

調べてもらえないっていうのが最大の原因です。
だから、あらためられる「カメレオンカード」は結構いいですね。

Posted by Hosh!kawa at 2007年04月17日 00:44
「カメレオンカード」ねえ、あれは某橋田先生
のセリフ並みに手順を覚えるのが大変そう!

かといって手順がシンプルだと難易度が高かったりします。
かといって手順も技術も簡単だと、すぐに飽きて
しまいます。
マジックって、本当に難しいですねえ。
Posted by お茶屋さん at 2007年04月17日 15:21
カメレオンは結構覚えられますよ。
就職活動していてあまり練習していなかったですが、
この前何を持っていこうか悩んでいたときに、
久々に見たのでやってみたら、数分で手順を思い出しました。

でも、マジックってほんっとうにいいもんですね。
Posted by Hosh!kawa(管理人) at 2007年04月18日 21:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/38489745


タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。