2005年07月15日

簡単カードマジックその8

カードには何の仕掛けもひつようありません。
ただ、同じ柄のカードを一枚追加する必要があります。

▼演技
マジシャンはカードを一枚裏向きにワインの入ったワイングラスの下に置きます。
そして、カードを改めます。
確かに普通のカードです。ばらばらになっています。

ここで、デックを客に渡して、マジシャンは後ろを向きます。
「あなたはお酒を飲んだことがありますか?」
「初めて飲んだお酒の味は覚えていますか?」
「初めてお酒を飲んだ年齢を答えずに頭の中に思い浮かべてください」
「そしてその年齢分だけ、デックの上からカードを取り除いてください」
「取った分はマットの下にでも入れて、見えないようにしてください」
といい、その通りにしてもらいます。

そこで、マジシャンは前に向き直り、デックを返してもらいます。
そして、マットの上に、一枚ずつ5×5になるようにカードを置いていきます。
「こちら側から、1歳、2歳、……25歳となっています」
「あなたが初めてお酒を飲んだ歳の位置に置いてあるカードを覚えてください」

25枚のカードを集めて、もう一度開くと、客の覚えたカードだけが消えています。
「あなたは○○歳のときにお酒を飲んだんですね?」
とマジシャンは見事に年齢を当ててしまいます。
「なぜ分かったかといいますと、実は初めからピンと来ていたのです」
そう言って、マジシャンは客にワイングラスの下に置いてあるカードを取り出し、
表返すように言います。
するとそのカードが客の覚えたカードなのです!

▼やり方
実はちょっとした準備が必要になります。
26枚目のカードをほかのデックから持ってきた一枚のカードと同じものにしておき、
もう一枚はワイングラスに挟むようにとって置きます。
これで終わりです。

まずワイングラスの下に余分な一枚を置きます。
次に、言ったようにやってもらうのですが、
このマジックは何歳だとしても、26枚目のカードを覚えることになります。
なぜなら、実はカードを25枚並べるときに、
並べる順番と年齢をあてていく順番が逆になります。
向こう側から並べていき、手前側から1歳、2歳……と年齢をあてていきます。
そうすると、初めに抜かれていたカードと歳の当てられたカードを考えると、
25歳の場合は25+1枚目のカードになります。
1歳の場合は1+25枚目のカードになります。
2歳の場合は2+24枚目のカード、3歳は3+23枚目。
となり、つまり、どの年齢でも26枚目を取ることになります。

そして、25枚をかき集めると同時に、当てる予定のカードを膝に落とすなり、
マジックの技を使って消すなりすると、相手の覚えたカードだけがなくなります。
そして、最後はワイングラスのカードを確認させると、そのカードなのです。

結構難しいかもしれませんが、なれると意外に楽しめます。
初恋などの話題に変えてもできるので演出しやすいマジックになるでしょう。
posted by Hosh!kawa at 22:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 簡単カードマジック
この記事へのコメント
ぜひ演じたいのですが理解ができません、もっと解りやすくおしえていただけませんか?
Posted by せいや at 2012年08月22日 20:18
回答が非常に遅くなってしまい申し訳ございません。
ご説明いたします。

はじめに、26枚目にワイングラスの下にあるカード(カードXと呼称)と同じカードがある状態になっています。

例えば、20歳のときを考えます。
20枚のカードがお客の手によって、どこかに隠されます。(このとき、カードXは6枚目にあります)

残ったカードを受け取ったら、5×5に並べます。
   お客側
    ↑
→ここから並べていく
[01] [02] [03] [04] [05]
[ X ] [07] [08] [09] [10]
[11] [12] [13] [14] [15]
[16 ] [17] [28] [29] [20]
[21] [22] [23] [24] [25]
    ↓
   演者側

6番目にXのカードがあります。

ここで、お客からみると、左上は[25]とのカードですので、
そこから順番に「こちらが1歳、2歳、」という感じで読んでいきます。
図示すると、以下となります。

   お客側
    ↑
[25] [24] [23] [22] [21]
[ X ] [19] [18] [17] [16]
[15] [14] [13] [12] [11]
[10 ] [09] [08] [07] [06]
[05] [04] [03] [02] [01]
ここから数えていく←
    ↓
   演者側

並べる順番と、数える順番が逆転させることで、
はじめに何枚取られてもカードXが選ばれることになります。
(ただし、26枚以上取られるとだめなので、下戸の人とかには別の言い方をした方がいいですね)

いかがでしょうか?
Posted by Hoshikawa(管理人) at 2012年11月30日 21:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL



タグクラウド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。