2007年12月24日

分離させよう

ちょっと時間が空いたので、レギュラーを使って
裏表ごちゃごちゃに混ぜてしまってから、
それをもとに戻す方法をしばらく考えていたところ、

そこここな案が出てきました。

混ぜる前に、カードを一定方向に曲げておきます。
))))))))))))))))))))
曲げ方は短い辺が弓なりになるようにします。

裏表混ぜます。どんな混ぜ方でもOKです。
())()()(()()))()()()

カードを本のようにもつと、アコーディオンのように
綺麗に裏と表の区別がつきます。

この曲がりを少しだけ戻します。
すると、)のカードはより曲がって、
(のカードはまっすぐに戻ります。
|))|)|)||)|)))|)|)|)

こうしておくとヒンズーシャッフルの持ち方をすると、
まっすぐなカードより、曲がったカードの方が落ちやすくなり、

分離!!
|  | | || |   | | |
 )) ) )  ) ))) ) ) )

などと考えていたのですが、
現実はそうそううまく行きません(笑)。
posted by Hosh!kawa at 02:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 製作
2006年03月23日

みんなで考えよう!その2

今回は刹那さんからのリクエストです。

客にカードを渡してシャッフル、そしてカットしてもらいます。
おまじないをかけると、それが完全に綺麗に揃ってしまいます。

とりあえずポイントとなりそうなのは

●シャッフルまたはカットすると、揃うマジック
●アウトオブディスワールド
●客にカットしてもらっても大丈夫なマジック

でしょうか?

ギミックを使った方がクリアにできるかもしれませんね。
posted by Hosh!kawa at 18:09 | Comment(8) | TrackBack(0) | 製作
2006年03月14日

みんなで考えてみよう!

マジシャンがデックを取り出します。
そして、客にそれを渡します。

客がマジシャン役を演じ、
もう一人の客に一枚引いてもらいます。
戻してもらって、シャッフルしてもらいます。

マジシャン役の客がこれだろうというカードを選びます。
それがまさしくもう一人の客が選んだカードになっています!

こんな現象が起こせたらいいですよね?

初回のお題はとりあえず2つ。

●マジシャンが実際にカードを触れずにカード当てを行う。
●当てる作業すらもマジシャンが触れずに行う。

まず、前者の方法をいろいろと考えつつ、
後者の検討を行っていこうと思います……

みなさまいかがでしょう?
posted by Hosh!kawa at 22:08 | Comment(18) | TrackBack(0) | 製作
2005年04月19日

簡単なマジックです

種を考えてください
「改めてもらったカードでもかまいません。切ってもらっても結構です。
これをリボンスプレッドして、種も仕掛けもないことを確認してもらいます。
元に戻して、デックにして、裏側を上にして演者が持ちます。
そこで、演者はある程度の枚数をデックから持ち上げ、観客の前に置きます。
デックはテーブルの上に戻します。
『同じくらいの数だけ、カードをここから持ち上げ、私のほうにおいてください』
と演者がいい、観客にも同様にしてもらいます。

ここで、演者が枚数の数え方を指導します。縁者の前にあるパケットを手に取り、
一枚ずつ取って、テーブルに置いていき、数え上げます。
『それでは、同時に数えていきましょう』
といい、演者と観客は同時に自分の前にあるパケットを数えていきます。
すると、なんとその枚数が一致します。
『おお、お見事です。ですがこちらはどうでしょうか?』
そういうと、演者がその数えたパケットの一番上のカードを表返します。
そして、観客にも表返すように促します。
すると、どうでしょう!それは同じ色で同じ数字のメイトカードなのです!!」
posted by Hosh!kawa at 22:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 製作


タグクラウド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。