2006年11月08日

プリンタさん買い替え

もうずいぶん前からプリンタが印刷してくれなかったのですが、
インクがないからだと思ったら、新しいインクを入れても駄目でした。

ヘッド交換は1万ほどかかるので、どうせなら新しくしよう!
ってことで、両面印刷できるやつを買ってみました
そういえば、前のやつはもう5年前のもの、そりゃこわれますよ
そりゃ、同じインク使えるプリンタなくなってますよw

新しいプリンタですが、CDにも印刷できるみたいです。
ならば、トランプにももちろん印刷できるはず!
よし、何かができるかもしれません。

自分の服の柄をカメラで撮って、
それを印刷して服の部分につけておく……姑息ですね。
posted by Hosh!kawa at 20:59 | Comment(6) | TrackBack(0) | 道具
2006年07月10日

蔵札(2006/7/10)

半年くらいたったのでまた書き込んで見ます。

蔵札
バイスクル 青裏 11組
      赤裏 12組
      黒裏 3組
      緑裏 1組
      ブラックタイガー 2組
      ミニ 2組
      エレファント 3組
      リバースプリンティング(桃色) 1組
      リバースプリンティング(水色) 1組
      クリアー水色 1組
      ブラック&シルバー 1組
タリホー  ファンバック(赤裏) 1組
      サークルバック(赤裏) 6組
             (青裏) 6組
             (ヴェイパー) 1組
ビー    赤裏 1組
      青裏 4組
ミリオンカード  1組
ジャンボカード  1組
円形トランプ   2組
その他      4組

計 65組(ギミックも含む)
posted by Hosh!kawa at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具
2006年04月13日

レイブン

レイブンを購入しました!
なかなかなギミックだと思います。

レイブンは物を手をかざすだけで消すことのできるマジックです。
演技の仕方がとても巧妙です。
しかし、結構使い道が限られているので、難しいと思います。

コインがカードに変化するのは面白い現象ですが、
私にはむりでした。

あと、レイブンをする状態で通常生活を続けると、
ときに違和感を感じてしまいます。(笑)

私はレイブンとレイブンDVDを買ったのですが、
DVDはなくても分かるような商品だと思います。
posted by Hosh!kawa at 22:48 | Comment(4) | TrackBack(0) | 道具
2006年04月08日

マジシャンズワックス

カルテットと同時に購入しました。

フレンチドロップから出ているパテタイプのマジシャンズワックスです。
マジシャンズワックスは言ってみれば強力な練り消しみたいなものです。
粘着力が強力で、よく天井にカードが張り付いたりするマジックがありますが、
そういう効果に使えます。

ですが、パテタイプ、粘着力が強力で蓋に引っ付いています(笑)
あけるのに苦労しました。

まだ用途はあまり考えずに買ってしまったんですが、また試行錯誤してみます。
posted by Hosh!kawa at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具
2006年03月06日

Bicycle Jumbo Index

本日、アメリカ帰りの先輩からバイスクルのJumbo indexをお土産にいただきましたw

実はジャンボインデックスを見るのが初めてだったので、ちょっと感動です。
大分文字が大きいですね。
大きすぎて、ファンをしても文字が見えないです(汗)これでいいのでしょうか?
(まあ、ポーカーをするだけなら、何の支障もないですが……)

SA270126.png

そして、アメリカのカードはエキストラカードが独特でした。
なんと、数独が書いてあるカードでした。
ちゃんとSUDOKUとローマ字で書いてあります。

内容は
"New from the Maker of
Bicycle...SUDOKU is
the game phenomenom
sweeping the country!
A crossword puzzle
using numbers, SUDOKU
is fun and addictive
Look for Bicycle SUDOKU
at your local retail stores.
Each deck contains 50
puzzles and solutions
printed on pencil
friendly cards."
となっています。
なにやら向こうで今流行っているらしいです。
とりあえず解きましたよ(笑)
posted by Hosh!kawa at 23:31 | Comment(6) | TrackBack(0) | 道具
2006年02月27日

ブラック&シルバーデック(バイスクル)

箱を空けたらショックを受けました。

ブラック&シルバーデックですが、
裏はシルバー基調のブラック模様。
表が実は、二種類あり、
クラブとスペードとジョーカーが黒基調のシルバー文字
ダイヤとハートがシルバー基調の黒文字
箱が黒基調のシルバー文字
となっていました!

SA270128_.png

結構ショッキングです。
一つのデックで、横から見ると、
どれが赤のカードでどれが黒のカードか分かるデックもめずらしいと思います。

これを見て、買うか買わないか決めたほうがいいかも知れませんね。

あと買ったとき、フラップの外側にエキストラカードが2枚入っているので、
シールを半円状に破ってあけたところ、エキストラカードに張り付いてしまいました。
posted by Hosh!kawa at 21:14 | Comment(23) | TrackBack(0) | 道具
2006年02月26日

クリアーバイシクル青

なんか変なカードがまたまた増えたみたいです。

毎回買って、使い道ないよな〜と凹んでいるのですが、
今回も同様になってしまいそうですw

新たに購入したのは
ブラック&シルバー・デック \800.- 1個
クリアーバイシクル 青   \800.- 1個
です。

怪しげな雰囲気ですが、ブラック&シルバー・デックはまだあけてません。
外から見ると多分タリホーバイパーみたいな感じです。

クリアーバイシクルはコチラをご覧の通り。
SA270128.png

透けてます。

縁などが透明で、あとが裏模様になっています。

さらにケースも付いています。
SA270129.png

カード自体はプラスチック製なので(当然)ちょっとすべりが悪いですが、
それはそれで別の使い道がありますので……。

透明のカードに不透明のカードを入れてアンビシャスカードなどができたらいいんですけどねぇ〜。
posted by Hosh!kawa at 21:35 | Comment(4) | TrackBack(0) | 道具
2006年01月11日

蔵札(2006/01/11)

二ヶ月ほど経ったので再び蔵札です。

蔵札
バイスクル 青裏 11組
      赤裏 12組
      黒裏 3組
      緑裏 1組
      ブラックタイガー 2組
      ミニ 2組
      エレファント 3組
      リバースプリンティング(桃色) 1組
      リバースプリンティング(水色) 1組
タリホー  ファンバック(赤裏) 1組
      サークルバック(赤裏) 3組
             (青裏) 3組
             (ヴェイパー) 1組
ビー    赤裏 1組
      青裏 4組
ミリオンカード  1組
ジャンボカード  1組
円形トランプ   2組
その他      3組

計 56組(ギミックも含む)
posted by Hosh!kawa at 01:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具
2005年12月24日

カードの反り

カードをしばらく使っていると全体が反ってしまうことがあります。
カードガードを使えば防いだり、直すこともできますが、
これを逆手にとってできるマジックもあります。

SA270113.JPG

上の写真は反ったデックの真ん中あたりの十数枚を表返したものです。
こうすると、そりの向きによって、エッジ側と中央側に隙間ができます。
この隙間はある程度のことではなくなったりしません。
はじいたり、カスケードをしても残っています。

つまり、いつでも裏返っている部分がどこから始まっているか分かります。
また、そこで分けることもできます。

例えば、選ばれたカードだけ大げさに逆向きに反りをつけたりすることで、
切り混ぜてもトレースできる話は簡単カードマジックでもしてましたよね?

ですから、中には反ったトランプを用意しておくのもいいかと思います。
posted by Hosh!kawa at 03:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具
2005年12月13日

マジックカードAMA

読心術、予言、移動、交換を連続で演じられるギミックです!
初めは何もしらずに買ったのですが、よくよく考えると
さまざまなバリエーションを実現可能にするものとなっています。

三つの基本機構が組み合わさってこのギミックはできています。
もちろん、カード当てもできますし、
アンビシャスカードもできます。
もちろん、改めもできます。
しかし、デックすべて渡して調べてもらうことはできません。

予言系のマジックにはすばらしい効果を発揮します。
posted by Hosh!kawa at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具
2005年12月09日

前田知洋さんのカード

私は前田知洋さんの使っていらっしゃるカードは、
普通の赤裏のタリホーサークバックだと思っていたのですが、

実はあれは前田さん専用のカードだったんですね。
Tomohiro Maeda MODEL TALLY-HO GOLD FRAME
カードの白い外枠と柄の間に金の縁がついているんです。
TVでは気づかなかったんですが、とにかく、美しいですね。

青いほうのゴールドフレームは売っているらしいですが、
赤いほうのゴールドフレームは非売品のようです。
前田さんから直にもらうしかないようです。

左下のおすすめ商品のところで嘘をついていました。
ごめんなさいです。直しておきました。
え? あれでは駄目ですか?(笑)
posted by Hosh!kawa at 22:04 | Comment(10) | TrackBack(0) | 道具
2005年11月24日

カードの構造

カードってどんなふうにできているの?
というお子様の質問に答えるコーナーです!

というのは冗談ですが……、
カードは3枚の紙からできています。
まず、カードの表の柄が印刷してある白ベースの紙、
そして、カードの裏の柄が印刷してある白ベースの紙、
最後に、真ん中にカードの弾力性の元となる灰色ベースの紙。
この三つが綺麗に張り合わさってカードができています。

表と裏には滑りやすいように、すこしだけ加工がしてあります。
エッジの部分の硬さは真ん中の芯になるカードの強度と、
二枚の紙を貼り付ける糊の強さに依存すると思います。

このようにして、カードは滑りやすく、そして、はじきやすく、
壊れにくく、美しく形作られているのです。
posted by Hosh!kawa at 23:31 | Comment(5) | TrackBack(0) | 道具
2005年11月17日

シール

カードのシールのはがし方に対して話をこの間してましたが、
実はこのシールも売っています。
そんなに大々的には売ってはいないんですが、
こそっと、探せば出てきます。
私はオンラインで一つだけ見かけたことがあります。

別にはがしたシールが売ってあるだけと思う方もいるかもしれませんが、
実はギミックデックにこのシールを貼ると効果的なのです!

ギミックは購入時からよくシールが破られており、
(しかも、すごく雑に破られています)新品のカードに見せかけることができません。
しかし、このシールがあれば、完全ではないですが、新品に見せることができます!

ビニールカバーもちゃんとできればいいですね?
誰か知りませんか?
posted by Hosh!kawa at 21:15 | Comment(6) | TrackBack(0) | 道具
2005年11月04日

絵札の主人公

トランプの絵札にはそれぞれモデルになった人がいます。

スペード:ダビデ王(ソロモン王の父、古代イスラエル国王)
ハート :カール大帝(フランク国王
ダイヤ :カエサル(古代ローマ)
クラブ :アレキサンダー大王(マケドニア国王)

スペード:パラス(ギリシャ神話でのアテナ)
ハート :ジュディス
ダイヤ :レイチェル
クラブ :アージン

スペード:オジェ(カール大帝の騎士)
ハート :ラ・イル(ジャンヌ・ダルクの戦友)
ダイヤ :ヘクトル(トロイの王子)
クラブ :ユダ・マカベア

これはパリあたりで広まったモデルらしいですね、
これ以外にも、円卓の騎士ランスロットをクラブのJとみなしたり、
旧約聖書のヤコブの妻ラケルをダイヤのQとみなしたり、などなど、
さまざまな解釈があります。
posted by Hosh!kawa at 23:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 道具
2005年10月30日

コメントの方で話がでましたので、ちょっと触れてみたいと思います。

マジックを練習するときは鏡を見て、絶えず「お客にはどう見えているか」を、
把握する必要があります。
また同時に、「どうすれば綺麗に、自然に見えるか」を試行錯誤します。

よく新しいマジックを本などで読みながらやっていると、
どうしても手元をじっと見てやってしまいます。
このとき、マジシャンが注目するのは秘密の技法ですので、
実際に人前でやるときも、その場面で視線が手元に行ってしまうことがあります。

ですので、鏡で妙な動きになってないかを確認しながら、やるといいでしょう。
逆に鏡に集中しすぎても駄目な練習もありますが、それは後ほど。

鏡の設置にも結構気をつけたほうがいいです。
自立型の鏡で、斜め上を向いている鏡はちょっと困りものです。
どちらかと言うと、ちょっと下を向いているほうが好都合です。
客の視線はクロースアップの場合、上から下ですので……。

ちなみに私は、パソコンでウインドウをすべて閉じると、
真っ暗になって、鏡になるようにしています。
posted by Hosh!kawa at 19:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | 道具
2005年10月25日

ビックサイズ

大きなサイズのカードを使っても実は同様の演技ができます。

もちろん、通常のカードじゃないとできない技法もいくつかあるのですが、
悪知恵を働かせれば、同様の演出を作り上げることもできます。
大きいので、鍛錬しないとすぐに見えてしまうかもしれません。
が、うまくやれば、逆に怪しまれずに済みます。

上にあがってくるアンビシャスカードだってできます。
カード当てもできます。
がんばれば、リセットもできます……たぶん。

まあ一番の難点は、かっこよくシャッフルできないということでしょうか?
posted by Hosh!kawa at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 道具
2005年10月17日

その他のカードを使って

世の中にはいろんなカードがありますが、
トランプ以外のカードを使って、マジックをすることもあります。

たとえば、子供のお菓子についてくるようなカードでもいいですし、
テレフォンカードでも、SUIKAカードでもいいわけです。
もちろん、複数枚必要なときはSUIKAでは困ってしまいますが…。

私が良く使っているのは、コーヒーのポイントカードです。
本来は一缶買って、一枚カードを作って、そこにためていくものですが、
それを毎回カードを作って、10枚くらいに増やしました。

これを使って、二枚に分裂するカードや、
裏返っていくカードなどをやってみると、結構受けます。
お客さんはよく専用のトランプじゃないとできないと思っているので、
こういうことになるのだと思われます。
posted by Hosh!kawa at 21:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | 道具
2005年10月13日

ハイパーカード(パズル)

マジックとは関係ないのですが、
ハイパーカードといわれるカードがあります。
これは、一枚の紙から作ることができるのですが、
普通に考えていては絶対に作れないカードのことです。

一番基本的なものは以下のようなものです。
いったいどうやって作るでしょうか?

hypercard.PNG
posted by Hosh!kawa at 00:54 | Comment(3) | TrackBack(0) | 道具
2005年09月26日

カードの磨耗

カードを延々使っていると、だんだんと古くなっていきます。

エッジの磨耗
・エッジが3つに分かれ、分厚くなる
・色が少し黒ずむ
・エッジが弱くなり、ファローシャッフルができなくなる
・傷ついて凹む

フェイス-バックの磨耗
・色が少し黒ずむ
・全体的に湾曲または、さまざまな方向に歪む
・折れ目がつく
・摩擦力が大きくなる

ケースの磨耗
・フラップの部分が割れてくる
・サイドフラップが千切れてくる
・折れ目がつく

などあります。
もし、重要なお客の相手をするときは、
こういったカードではなく、新しいカードを使いましょう。
練習するときも、できるだけ新しいカードで慣れている方が、
このようなときに困らないかと思われます。
posted by Hosh!kawa at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具
2005年08月28日

調整中

調整中です
posted by Hosh!kawa at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具


タグクラウド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。